110624_ミュージカル『オオカミの誘惑』リョウクインタビュー

25 6月

PLAY DBのインタビューより

原文はコチラ → (^▽^)

明るくて、いたずら好きらしいが、所々恥ずかしいということを隠すことができなかった。

謙遜かと思えば、とんでもない冗談もいきなり飛び出してきたりした。

インタビュー場所近くで陣取っている、情熱を越えた熱血ファンたちがいるのにも、

これに対する意識をキャッチ出来なかった。

明るい微笑で挨拶をすると隣の弟の様な感じもする。

スーパージュニア リョウクとのインタビュー時間は、

長く与えられなかった。

アイドル歌手特有の模範答案以上を期待しにくい環境でも、

彼は可能な率直に、真心を入れて話を伝えた。

「愛して下さって感謝する」「一生懸命にやる」という言葉が

無駄に聞こえない、重量感あるアイドル歌手、

あるいは『オオカミの誘惑』でミュージカルにデビューする

新人俳優キム・リョウクと会った。

姉さん達をときめかせる、準備されたアイドル

「前から所属会社にミュージカルしたいと話をしました。

歌、演技を一緒に私が見せることができるのは、

全部を見せることができて魅力的だと考えました。」

かなり熱かった初夏ある日。

すっきりしたカフェに座って、リョウクは明るい顔で尋ねる前にミュージカルの話から切り出した。

アイドル歌手がミュージカルの主役を演じることに対する

憂慮の視線がなくはなくなっている今、

憂慮を払拭させることもしたように丈夫な覚悟が伝えられる。

”映画の中カン・ドンウォンが引き受けた役割”

『オオカミの誘惑』チョン・テソン役は、

その一行ですべてのことが説明されるキャラクターだ。

いたずら心と可愛げがありながらも、孤独さと強靭さということ。

やはり二面性があるこの少年に、女性観客はあなたも私もときめかなかった人がなかった。

この役を誰が引き受けるのか注目されていた中で、

スーパージュニア リョウクのキャスティング発表は、話題になること充分だった。

芸能活動を活発に広げなくて、国民には何人かのメンバーだけが良く知られているが、

スーパージュニアは世界的なペンを持ったグループで、

最近ぐんぐん注目されていている。

メンバー1人1人が各国に合わせる強いファン層を持った模様。

この中でリョウクは、スーパージュニアのメインボーカルであり末っ子、

そして色々な才能で、侮れない愛を受けているメンバーだ。

ラジオ”星空威張る大会”と”チンチン歌謡祭”で受賞して、

SMに抜擢されて歌唱力を認められたし、

映画『美男連鎖テロ事件』では、コミカルな演技本能を誇って、

演技者としての可能性を見せた。

そのような彼に「なぜリョウクがチョン・テソン役にキャスティングされたようなのか」と尋ねると

すぐに「ビジュアル?」と爆笑しながらも、すぐ真面目になる。

「私は、普段舞台に上がって歌を歌うこと自体が演技と考えます。

私がいくら悲しいことがあっても、楽しい歌は本当に楽しく歌わなければならなくて、

うれしいことがあっても、バラードは悲しい感性を出さなければなりませんね。

ただ5分でも、舞台では演技をすると考えたが、

ミュージカルは2時間という長い時間の間、

呼吸をしなければならないというのがとても魅力的でした。

正式に俳優に進出したのではないが、演技ができて、歌も歌うことができて

ミュージカルは、私が見せることができる魅力は全部見せることができそうでした。」

真っ最中練習に参加中だが、スーパージュニア5集準備も並行しなければならないから、

やはり通常のアイドルのように時間を分けて使わなければならない。

彼はトリプル キャスティングされたミュージカルの先輩達の演技をビデオに入れて、

別に練習してしながら初めての舞台を準備中だと。

それでも”カン・ドンウォンが引き受けた役”に対するプレッシャーは隠せない。

「チョン・テソンという役柄が、『姉さん、姉さん』と話す可愛い面もあって、

ケンカも強くて、悲しくて孤独な感じです。

ミュージカルの台本だけ見ても、そのような感じがたくさん出てたので、

私がどのように表現するのか、練習をとてもたくさんしなければならないようです。

特にカン・ドンウォンさんのイメージが強くて負担になるけれど、

それでも私だけのチョン・テソンを作り出さなければならないですね。

本当に姉を呼ぶように(笑)

劇中でも『ボクです、姉さん。 チョン・テソン』こういうセリフがあります。

姉さんファンたちが、『あっ、リョウクが私を呼んでるんだな。』

って感じがするから(爆笑)ときめくようにしたいです。」

彼は映画『オオカミの誘惑』封切り当時、劇場で映画を見た。

そしてミュージカル キャスティング後、また映画を見て感じた点があると。

「10代の私が見たものと20代の今の私が見たものは感じ方が大いに違いましたよ。

そして私が10代に、歌手の夢をどのように見たのかも思い出しました。

すでに歌手の夢は成し遂げたが、今は新しい夢を見ているでしょう。

10代だけの夢と愛をこの作品を通じて話したいです。」

同じSM所属会社のイェソン、ソンミン、ルナなどは、すでにミュージカルに出演した先輩でもある。

リョウクは彼らが出演する公演は全部見た。

その中『キューティー・ブロンド』の主人公だったルナを見てたくさん驚いたと。

「スーパージュニアメンバーは、すごく上手い事を知っていたが、

ルナは、意外にもとても上手くて驚いた」とほめる。

アイドル ヒット曲ジュークボックスミュージカルという特徴の為、

リョウクは、やはり東方神起、SHINee等、傍で見てただけだった音楽を歌う。

この前パリコンサートでは、東方神起、最強チャンミンに、

どのように歌わなければならないのか、アドバイスを得ることもした。

「SHINeeの歌は、直接歌うとかなり難しいけれど楽しくなる」と話す目が輝く。

ソンミン、イェソンなど所属会社ミュージカル先輩には、

演技は一人でするのではないとの助言を得た。

色々な俳優らの呼吸が重要だという言葉は、彼が実際に練習に入ってもたくさん感じた点だと。

「1人1人が、とても重要な役割をしていて、

時には私が引き立って見えられるようにして下さって、

とても感謝しています。」と真剣に話す。

台湾では外に上手く行くこともできません

インタビュー当時は、リョウクがちょうどフランス、パリコンサートを終えて帰ってきた時点.。

全国的に話題になったパリコンサートに対して、尋ねないわけにはいかなかった。

特にスーパージュニアの人気は、その中でも頭角を現わしたと伝えられる状況.。

メンバー末っ子リョウクも「ボク自身もとても驚いた」と話す。

「ヨーロッパで公演をするというのが夢のようで、

舞台に直接上がる前までもここがパリなのかと思いました。

ところで観客の方が『SORRY SORRY』に本当に熱狂して下さいましたよ。

特にボクは、どんな黒人男性客が

ボクの名前が使われたプラカードで応援して下さって、

さらに記憶に残ります(笑)」

特に中華圏で彼らの人気は、他の歌手らと比較できないほど独歩的だ。

台湾の代表音楽チャート”KKBOX”韓国語歌部門でスーパージュニアの”美人”は、54週目1位を記録中。

先立って発表した”SORRY SORRY”も、やはり34週間1位を記録したことがある。

これだけではなく、全世界の韓流ファンを対象に実施したアンケート調査で、

韓国旅行を一緒に行きたい韓流スターにそうそうたるスターらを抜いて1位に占めることもした。
「私達は、事実海外で人気を実感するのに、韓国国民でもさらに私たちの家族らまで

”スーパージュニアが本当に台湾で人気があるのか”と尋ねて下さい(笑).

本当に台湾では、家の外に出て行けばファンたちがとても多くて、

追い立てなければなりません。

繁華街に出て行けば、直ちに調べてみられたりもします。」

スーパージュニアMなど、多様なユニット活動をしながら海外市場を攻略した今、

彼らは中華圏および日本、東南アジア、ヨーロッパ、南米までファン層を厚く持つことになった。

「冗談抜きに一週間に一回ずつ飛行機に乗って、

宿舎のご飯より機内食の方をさらに多く食べたようだと話します。」

という話は全て冗談だけではないはず。

その中リョウクは、10人のメンバーの中で、一個人以上の夢を持った歌手だ。

「私は歌うのが好きです。

歌う職業を今後もずっとやりそうです。

ミュージカルも歌があるから本当にしたかったことです。

多くの方々が新しい姿を希望されるから、

何でも挑戦してみたくて、今後の姿が私も期待してます。」

これから国内バラエティーにも、活発に出て行くというのが彼の考えだ。

「ウニョク兄さんが、今度はバラエティーにたくさん出ようというので、

とても兄たちが上手いから、それならできるかも知れない。」として恥ずかしがる。

現在はミュージカルとスーパージュニア5集準備に没頭する段階。

ほぼ同じ時期に、キュヒョンとルナそれぞれ『三銃士』 『コヨーテ・アグリー』でミュージカルの舞台に立つ。

競争することなのかは、記者の質問に素早く悩む様子だ。

「キュヒョンとは同い年なのに、

初演ではなくてアンコールで、加えてとても上手いから。

競争構図がなされそうなことは、たくさん習わなければならないですね。

ボクは後輩の気持ちで、助言を受けるつもりですよ(笑)」

もう実力と浮気心を思う存分広げた席は用意された。

スーパージュニアのメンバーで『リョウク』という名前が、

頭角を現すその場をどのように数を数えるのか期待してみても良いようだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。